interior

2017年 トレンドインテリア! プチ・テクニックもご紹介

気になる2017年のトレンドインテリアをチェックしてみましょう!
今年は2016年に流行したインダストリアルやブルックリンスタイルから進化し、スタイリッシュさがプラス‼︎ その中にも柔らかさや上品がミックスされたコーディネートが流行の兆しです。

〜2017年のトレンドインテリア〜

 

1. 【ヴィンテージ感×インダストリアル×爽やかカラー】

インダストリアル

2017年トレンドインテリアは、ヴィンテージ感の中にも清潔感や上品さ、武骨さの残るインダストリアルテイストをミックスして爽やかなカラーでスタイリッシュに仕上げてみましょう!今までは味わいあるグレートーンの木材とブラックカラーを組み合わせることで男前でシックな印象に仕上げていましたが、2017年のインテリアトレンドは、さらに淡いブルーカラーなどのパステルアクセントとしてプラスすることで、清潔感や上品さ、中性的なスタイリッシュさを際立たせます。

 

2. ボタニカルを中心にまとめるのが今年のトレンド

ボタニカル

インテリアには欠かせない要素と言っても過言じゃない観葉植物。2017年のトレンドインテリアでは植物を中心としてコーディネートする、ボタニカルテイストが流行の兆しです! オフィスやカフェでも見かけるように、シダ系植物など、ツタが下がるものを天井から吊り下げることで、空間の間仕切りとしても活躍します。「観葉植物を置きたくても、置く場所が…」と悩んでる方もこのように吊り下げるハンギングディスプレイなら一人暮らしや、狭い空間の住まいでも緑を有効に取り入れることができちゃいます!

 

3. カッパー素材を取り入れて色味をプラス

copp

2016年に流行したインダストリアルなコーディネートでは、男前な鉄素材やシルバー素材が多くみられましたが、2017年はカッパー素材を取り入れてインテリアトレンドを先取りしてみては? 赤みやピンクのカラーを帯びたカッパーは、ヴィンテージやレトロテイストとも相性抜群で、上品な印象にも仕上がります。メタリックでも温かみのある色合いを使うほど味わいも増し、素敵なアクセントとしてお洒落さアップ!

 

4. モノトーンは優しいホワイトでバランスを

wht interior

生活感の出ないブラック×ホワイトのモノトーンは、カラーバランスを変えてみるだけで印象が大きく変わります。2017年の新しいトレンドインテリアは、モノトーンインテリアのホワイトバランスを意識した柔らかい優しいトーンがお洒落です。選ぶホワイトカラーは、白すぎない温かみのある優しいホワイト。明るいグレーなどでカラーバランスを増やしてみるのもまたポイントです。カラーがモノトーンなら取り入れる素材は、幾何学が入ったものやハンドメイドなどの温かみのあるモノで遊ぶのがお洒落です。

5. 幾何学とパステルカラーの相性は抜群

幾何学模様

幾何学模様を取り入れた辛口のコーディネートは一気にお洒落さが増し、すっきりとした仕上がりになります。そこに淡いパステルカラーを加えるのが上級で今年風です。三角やひし形などのパターン模様は、スタイリッシュな印象をお部屋に与えてくれます。特に大きな幾何学模様を壁紙やカーテンの一部に取り入れるならパステルカラーとミックスさせると冷たくなり過ぎず,上品なインテリアに仕上がります。流行のモノトーンコーディネートに幾何学模様+パステルのアクセントを入れるだけでオシャレで上級者になれちゃいます。

 

6. テクスチャーを組み合わせる

ヴィンテージ

インパクトがあるダークカラーの壁に映える白い繊細なベッドシーツが印象的なこちらのベッドルーム。今年は、どこかスパイスが入った上品さのあるヴィンテージな雰囲気が流行りそう。低めのベッドに合わせられた間接照明や、小物にさりげなく取り入れたゴールドが大人な印象を演出。ホワイトの柔らかいレースやテクスチャーを加えると今年らしくまとまります。

ピックアップ記事

  1. 今年のバッグの流行とは? 去年とどこが違う?今年のバッグは、種類やデザインに富んだ、こだわり…
  2. デート
    付き合う前のデートを成功に導くには!?好きな人との距離が縮まるデートの秘訣や、選ぶべき場所や回数など…
  3. 日焼け止め
    2017年 最新日焼け止めランキングTop10をご紹介します‼︎今年人気の日焼け止めとは?「人気…
PAGE TOP