東京夜景

迷ったらここ!東京都内デートスポット 〜夜景〜


〜都内オススメデートスポット〜
デート

東京都内にはたくさんのデートスポットがあります。ありすぎて迷ってしまう方も多いのでは?そんな方でも恋人と楽しいデートが過ごせるよう、オススメの東京都内にある定番のデートスポットか穴場デートスポットまでご紹介します!

 


〜夜景〜

夜景

 


【高層階】

東京タワー

東京の夜景スポットの定番中の定番はやっぱり東京タワー。都心のほぼ中心地にあり、東京のランドマークとして長年愛されてきた東京タワーからは、360度の景色を楽しむことができます。展望台は地上150mの大展望台と地上250mの特別展望台の2フロア構成です。東京タワーからの夜景で特にオススメなのは展望台から南方面を望んだ時に見られる、地上の東京タワーです。東京タワーの麓に広がる道路がまるで東京タワーのような形になっていて、美しい光の芸術を見せてくれます。お台場方面にはベイエリア、六本木方面には都市部の洗練された美しい夜景が広がっています。

東京タワー

 

六本木ヒルズ ヒルサイド

六本木ヒルズ周辺で無料の夜景スポットをお探しなら「六本木ヒルズ ヒルサイド」がおすすめです。ミュージアムコーンに隣接した場所にあり、ハリウッドビューティープラザへ向かう階段の踊り場からは、毛利庭園のライトアップや東京タワーのライトアップが楽しめます。ちょっとした夜景スポットという感じで展望台などではないので、長居できるような場所ではありませんが、あまり知られていないために穴場のスポットです。近くにはローズガーデンもあります。そちらでは花をテーマにしたモニュメントとともに東京タワーなどの光が楽しめます。デートなどで訪れる際には併せて楽しんでみてください!

六本木夜景

 

都庁展望室

新宿西口の高層ビル群は日本の高度経済成長を象徴するものですが、中でも一際目を引くのが都庁です。
都庁は高さ243.4mの超高層ビルで、上層階は北棟と南棟に別れているのが特徴です。
夜間は原則北展望室のみ開放され、北展望室の休館日である第1、第3火曜日は南展望室が夜間開放されます。都庁からの夜景を特徴は、高層ビル群の中に位置するという立地上、目線と同じ高さにビルが連なり立体的な夜景と言えます。
東京には無料で利用できる室内型夜景スポットが多数存在しますが、その中でも特にレベルの高い夜景を鑑賞できるのが都庁の魅力です。
「夜景が綺麗」「無料」そして、「アクセスの良さ」三拍子揃えばもちろん、多くの人々がここの夜景を求めて足を運びます。

都庁展望台

 

東京スカイツリー

東京タワーに続く次世代の電波塔として2012年に誕生した東京スカイツリーは今や知らない人はいません。
9その集客力は今でも全国の夜景スポットの中でもトップクラスになっています。
東京スカイツリーには、350m450m地点にはそれぞれ天望デッキ天望回廊があります。
カフェやレストラン、お土産が売っているショップ等の施設と、360度広がる圧倒的な光量を誇る東京の夜景に訪れるものを飽きさせないほどの要素が詰め込まれています。そして天望回廊に上がると、そこは未来空間を思わせる様なチューブ型の回廊が人々を出迎え、日本の展望台としてはかつてない450mから見下ろす東京を中心とした関東平野の夜景が広がります。まさに異次元の夜景と言って良いです。 隣接する高層ビル、東京スカイツリーイーストタワーは高さ158mと低いビルではないにも関わらず、天望回廊から見下ろすととても小さく感じるのはそれだけ天望回廊が高い場所に位置していることです。

東京スカイツリー


【公園】

 ゆうひの丘(多摩市)

ドラマアニメ(耳をすませば)の舞台としても使われた、「ゆうひの丘」は聖蹟桜ヶ丘にある都立桜ヶ丘公園の一角に位置します。公園内は手入れが行き届き、美しく整備されている印象です。丘には芝生が生い茂っており、ここに座ってのんびりと夜景を眺めたり、ベンチや東屋もあるので、腰掛けながらの鑑賞も可能です。ゆうひの丘からは、聖蹟桜ヶ丘の住宅街や府中方面が一望できます。都心のビル群とは性質が異なり、眼下に広がる低い建物の明かりによって創りだされる夜景が特徴です。人々の暮らしを感じさせる住宅街の灯りを眺めながら、大切な人と素敵なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。
園内からは、多摩市を中心とした夜景が約180度広がっており、そのスケール感は多摩地区トップクラスです。眼下の川崎街道を行き交う車が夜景に流動性を与えてくれます。住宅地をメインとした夜景のため、比較的明かりの付いている20時~21時頃までの鑑賞がベスト!

ゆうひの丘

 

お台場海浜公園(港区)

人気観光地お台場の公園、お台場海浜公園。お台場海浜公園には砂浜などもあるので、打ち寄せる波の音を聞きながらウォーターフロントの夜景が眺められる絶好のスポットになっています。波打ち際からは、レインボーブリッジや東京タワーがかなり間近で楽しめます。夜は意外と人も少なく、あまり周りを気にしないで楽しめるのも嬉しいポイント。またビーチ以外にも展望台が用意されており、ここからはビーチよりも高い目線でお台場を一望できます。遠くに明滅する都心部の光はずっと眺めていたくなるほどの美しさです。

お台場海浜公園

 

城南島海浜公園(大田区)

ここの特徴は、羽田空港と東京都心の夜景が一度に楽しめることです。羽田空港側にある砂浜からは発着する飛行機はもちろん、煌々と輝く羽田空港の誘導灯などの光を望むことができ、さらにその光が空や海面に写る様子はとても美しく、ついつい見とれてしまう光景です。空港までの距離は少し離れているので、迫力がある夜景とはいきませんが、その分のんびりといつまでも眺めていられるような夜景です。意外と人が少ないのも特徴で、デートの穴場として、またサプライズの場所としても重宝できそうです。羽田空港とは反対のエリアからはレインボーブリッジやお台場の大観覧車、東京タワーといった都市部が一望可能です。こちら側は堤防になっており、打ち付ける波の音も心地よく感じます。城南島海浜公園は、駅から離れておりバスでのアクセスがメインです。そのため、バスの運行が終わった後などは特に人が少なくかなりの穴場です。ドライブデートなどの目的地にしてみてもおすすめです。

城南島海浜公園

若洲海浜公園(江東区)

東京ベイエリアの新名所「東京ゲートブリッジ」は恐竜橋と呼ばれ、海上に白く輝くその光景は見るものを飽きさせません。
このゲートブリッジを目にしたら「もっと近くで鑑賞したい!!」そう思う人も多いのではないでしょうか。このゲートブリッジを間近で鑑賞できるオススメのビューポイントがここ若洲海浜公園です。昼間はどこにでもありそうな海辺の公園という印象ですが、日没後様子が一変します
ゲートブリッジがライトアップされるとそこは立派な夜景スポットに姿を変えます。水平線上にビル群の明かりが確認できますが、厚みがなく光量が多いとは言えません。それでも物足りなさを感じさせないのは、このゲートブリッジの圧倒的な存在感があってこそなのです。

若洲海浜公園


KITTEガーデン(千代田区)

東京駅は、2012年に復元工事が完了して、二つのドームを象徴とした本来の姿を取り戻しています。
東京の観光名所としても欠かすことができず、夜間にライトアップされる光景は一層美しさを増しています。この東京駅のライトアップを鑑賞する絶好のポジション、それがKITTEガーデンです。
東京駅丸の内南口の目の前にそびえるJPタワーでありますが、その6階に屋外庭園が存在します
ここからは、驚くほど間近に東京駅のライトアップを鑑賞することができます。園内は芝生が敷かれ、程よいライティングで雰囲気が良いです。
観光で訪れてもいいですが、オフィス街という場所柄、仕事帰りのデートにもピッタリなスポットです。

kitteガーデン

 

晴海客船ターミナル(中央区)

晴海ふ頭は東京の海の玄関口として、大型客船等が行き交っています。
晴海ふ頭ターミナルの建物はガラス張りの外観でインパクトがあります!今回紹介するビューポイントはこの建物の目の前にある広場です。この広場は、目の前に遮るものがなく、東京タワーや賑やかな明かりを放つお台場、そしてレインボーブリッジが最大の見所です。夜景だけでも見応え十分で評価できますが、それだけではありません。広場の足下には幾何学模様のデザインが広がり、水面に浮かぶオブジェ、おしゃれな街灯が並んでいて、これらが良い雰囲気を演出してくれています。晴海ふ頭は駅からやや離れていることもあり、意外なことに訪れる人はまばらなので穴場スポットになっています。駐車場が完備されており、車でのアクセスは比較的容易なため、東京の穴場ウォーターフロント夜景として利用価値が高いです。

晴海客船ターミナル

ピックアップ記事

  1. 今年のバッグの流行とは? 去年とどこが違う?今年のバッグは、種類やデザインに富んだ、こだわり…
  2. デート
    付き合う前のデートを成功に導くには!?好きな人との距離が縮まるデートの秘訣や、選ぶべき場所や回数など…
  3. 日焼け止め
    2017年 最新日焼け止めランキングTop10をご紹介します‼︎今年人気の日焼け止めとは?「人気…
PAGE TOP