オーバーナイト

食べて寝るだけで痩せる!? オーバーナイトダイエットとは 徹底解説

食べて寝るだけで痩せる夢のようなダイエット方法が、アメリカで大ブーム!日本にも上陸して注目を集めています。その名も『オーバーナイトダイエット』

オーバーナイト

文字通り、寝るだけで痩せられるという、夢のようなダイエット方法なのです。
とは言っても、「寝ているだけで痩せられるはずがない」「そんなのは夢の話しに過ぎない」と疑ってしまいませんか?そこで今回は、オーバーナイトダイエットの方法やダイエット理論を徹底解説します♪


オーバーナイトダイエット」とは? なぜ寝ている間に痩せられるのか?

ボストン医療センターのキャロライン・アボヴィアン医師が提唱した新しいメソッドです。彼女はそこで、患者の体重や栄養管理を行いながら、多くの方を減量に成功させてきました。1週間のはじめの食事を自家製の高タンパクなスムージーにし、残りの6日間は高タンパク食を心がければ何を食べてもよく、運動は特に必要なし。この食餌療法と合わせて毎日8時間たっぷりと眠ることで、1晩で約0.9Kgの減量ができ、最初の1週間で約4Kgの減量が期待できるというものです。辛い食事制限や激しい運動をする必要がないのです。

オーバーダイエット実践方法 〜スムージーの作り方〜


どうして痩せられるのか? オーバーナイトダイエットの理論

ダイエット

【筋肉量を落とさないように痩せる】
通常のダイエットでは食事を制限すると、体重が落ちるのと比例して筋肉量も減ってしまいます。しかし筋肉は、基礎代謝を高めてカロリーを消費してくれる大切なもの。筋肉量が低下した体=太りやすい体質なのです。しかし、オーバーナイトダイエットでは、週に1日食事をスムージーに置き換えたときも、そのスムージーを高タンパクにすることによって、通常の食事でもタンパク質を意識的にたくさんとることが出来ます。それにより筋肉量を落とさないようにしています。ですので筋肉量を落とさずに摂取カロリーを減らし、代謝を維持したまま脂肪燃焼を促し痩せるという理論です。


【体脂肪を増加させるインスリン値を減らす】
食べ物に含まれる糖分を過剰に摂取すると、インスリンが過剰に分泌されます。インスリンは別名「肥満ホルモン」と呼ばれていて、インスリン値が高いと肥満や生活習慣病などの要因になると言われていて、血圧も高くなりやすいです。インスリン値が高くなると、体脂肪が増えて太りやすくなります。
砂糖を使った甘いお菓子だけではなく、体内でブドウ糖に変わる主に主食の炭水化物(米、小麦などからできているパンやご飯、パスタなど)もインスリン値を上げてしまう食品の代表格です。ただし、果物などに含まれる果糖は、インスリン値を上げません
そこで、果物や野菜をたっぷり使ったスムージーを、ブドウ糖が多く含まれている食事の代わりにすることで、インスリン値を高めない=体脂肪を増加させない=痩せ体質になれる、というのがオーバーナイトダイエットの考え方です。体脂肪がつきやすいお腹周りや下半身のダイエットにも効果的、という説もあります。またスムージーの整腸作用で便秘予防や便秘解消にも繋がります。


【8時間しっかり寝ることで、食欲を抑え、成長ホルモンの分泌を促進させる】
睡眠不足になると、食欲をつかさどる「レプチン」と「グレリン」という2つのホルモンの分泌が乱れてしまいます。レプチンは脂肪を貯える脂肪細胞が分泌するホルモンで、脂肪細胞内の脂肪量などに合わせて体内の代謝を上げたり食欲を抑制する命令を脳に送る大事なホルモンのことです。
グレリンは胃から分泌されるホルモンで、脳の視床下部に食欲増進と血糖値上昇の命令を出しています。この2つのホルモンの分泌が正常でなくなると、身体に栄養が十分に足りていても、食欲が抑えられなくなってしまいます。
また、質の良い睡眠中に多く分泌されるという成長ホルモン、別名「若返りホルモン」は体の代謝を促し、
たくさんのカロリーを消費しやすい体を作ってくます。睡眠不足によってホルモンの分泌が阻害されれば、代謝の悪い=太りやすい体質になってしまいます。 さらに夜遅くまで起きていれば、小腹がすいて夜食を食べたりスナックをつまんだり、人によってはお酒とおつまみを…という機会が増えます。夜更かしは、ホルモン的に見ても、生活習慣面から考えても、肥満の大きな要因ということです。夜更かしや睡眠不足の習慣変え、たっぷりと寝ることによって健康的で痩せやすい体質を作ることがオーバーナイトダイエットの基盤となる考え方です。


オーバーナイトダイエットの理論を科学的に評価すると

【筋肉量を落とさないから痩せる?】

ダイエット
筋肉を作るうえで、欠かせない栄養素がタンパク質です。どんなに運動しても、タンパク質を摂らないと、筋肉量は増えません。しかし、オーバーナイトダイエットでスムージーに加えるというプロテインパウダーなどの高タンパク食品を「摂っただけ」では、筋肉は作れません。
プロテインは薬ではなく、あくまでも高タンパクな食品です。肉や魚、乳製品や大豆製品などを食べてたんぱく質を摂ることとなんら変わりありません。筋肉量を増やす方法は、筋肉に物理的な負荷をかける=筋肉トレーニングを行うことでしかつきません。トレーニングをやめれ(動かなけれ)ば、筋肉量は落ちます。つまり、運動を殆どせずに「プロテインを摂って寝ている」だけで筋肉量を維持できる、とするのは、少々無理がありそうです。しかしながら、糖分の摂取を控え、高タンパクの食品を積極的に摂ることは推奨すべき食生活です。「食べ過ぎ」が問題な現代人が、週に1度ローカロリーかつ高タンパクで、ビタミン・ミネラルも豊富なスムージーを食事代わりにとることは、ソフトなファスティング(断食)にもなり、健康的にもよいことですし、ダイエット効果があるといえます。


【体脂肪を増加させるインスリン値を減らす?】
体内でブドウ糖に変わる炭水化物、砂糖などを控えることは、インスリン値を低く保つことに効果があります。丼物やパスタだけの食事をよく摂っていた人が、肉や魚、乳製品などをメインにして炭水化物の摂取量を抑えたり、甘い炭酸飲料や砂糖入りコーヒーなどを好んで飲んでいた人が、ミネラルウォーターや無糖コーヒーにすれば、インスリン値を低くキープすることができます。インスリンの影響による、体脂肪の増加を防げる可能性が高いでしょう。
ただし気を付けたいのが、ブドウ糖の代わりに多くとってしまいがちな「果糖」です。スムージーに入れてもよいとされる果物や甘みの強い野菜類には果糖が多く含まれていることがあります。膵臓から分泌されるインスリンに影響を与えるブドウ糖とは違い、肝臓で代謝される果糖は血糖値やインスリン値には影響を与えませんが、果糖の多量摂取は、コレステロールの合成を促進するという研究結果もありますから、食べ過ぎはやはり肥満につながるのです。「フルーツはヘルシーでダイエットにもいいから、いくら食べても大丈夫」と安心するのは危険です。


【8時間たっぷり寝ることで、食欲を抑え、成長ホルモンの分泌を促進させる?】若返りホルモン
食欲を刺激する2つのホルモンの分泌が睡眠不足などによって乱れ、肥満の原因になることや、質のよい睡眠は成長ホルモンの分泌を促進するというのは、オーバーナイトダイエット以前から多くの研究によって証明されてきています。
そして、夜更かしが食べ過ぎにつながるのは、誰にも心当たりがあることでしょう。たくさん眠ることがダイエットに効果的であるというオーバーナイトダイエットの基本的な考え方に、間違いはありません。


海外発、医師発のダイエット法の注意点

ダイエット

『オーバーナイトダイエット』は、アメリカでも権威のあるボストン・メディカル・センターで栄養や体重管理のマネージャーを担当している医師、キャロライン・アボヴィアン博士が提唱してます。たくさんの実証例と医学的知識を持つ医師が提唱したダイエット法なら、さぞかし効果があるのではないかと期待しがちですが、少し考えてみましょう。
まず、アボヴィアン博士は、栄養や体重管理を行わなければいけない肥満患者を対象に研究を行っている点に注目してみましょう。ABCニュースでは、実例として「マサチューセッツ州の42歳女性・エイミー・フランケルは、オーバーナイトダイエットで79kgほどあった体重が56kgまでに減量できた」と伝えています。
肥満で病院に通う79kgの人が、オーバーナイトダイエットで56kgになったのは事実でしょうが、日本の平均的な体型の女性が「あと3kg痩せる」為に、同じ方法が非常に効果的かどうかは少々疑問です。外国の人、特にアメリカ人の場合、日本人と比べて大柄であるとともに全体的な肥満率も高く、食生活も私たちとはまた違うのです。健康的で美しく痩せようとするとき、1ヶ月に落としてもいい体重は、現在の体重の5%までと言われてますから、60kgの人の場合は3kgほど。本当に1週間で4kgも体重が減ったとしたら、それは少しリスクの高いダイエットとして見直しが必要かもしれません。
オーバーナイトダイエット自体は、そのメソッドを見る限りそれほど過激なものではありませんから、健康に影響を与える心配は殆どないでしょうが、過度に期待して劇的な効果を求める人は、少し冷静になるべきかもしれません。


十分な睡眠は、ダイエットに効果がある

オーバーナイトダイエットに大きな期待を抱いていた人には、少しがっかりするレポートになってしまったかもしれません。しかし、このダイエット・メソッドには、ダイエット成功の大きな手がかりも隠されています。それは「睡眠の重要性」です。
オーバーナイトダイエットでは、睡眠中に分泌される2種類のホルモンに注目しましたが、質の良い十分な睡眠には、さらにダイエットに嬉しい効果があるのです。


オーバーナイトダイエットはこんな人におすすめ♪

是非オーバーナイトダイエットを試して欲しいのは「運動や食事制限をしてるのに、なかなか結果が出ない!」という悩めるダイエッター女子です。現在の運動はそのまま続けて、夜8時間たっぷり寝ることを心がけ、朝・昼・晩の3食のうちで最もボリュームを大きくした朝食をおいしく食べる規則正しい生活にシフトすれば、停滞していた体重にきっと変化が表れるはずです。
睡眠によって食欲ホルモンのバランスが整うので「食べたい」という欲求が抑えられるので、ローカロリーな食事の辛さが軽減。そして朝食で活動モードに入った体は動きやすく運動も楽しく行えます。食事は、炭水化物などの主食より、お肉や魚、乳製品などの良質な高タンパク食品と、スムージーなどでビタミン・ミネラル豊富な野菜をしっかりとりましょう。
オーバーナイトダイエットのセオリー通り、週に1日は食事をスムージーに置き換えればさらに効果が表れます。


オーバーナイトダイエット成功のカギは

毎シーズン新しいダイエットが話題になり、多くの女性が飛びつきますが、なかなか長続きしないのは、その理論をウワサの段階で鵜呑みにしてしまうせい。インターネットの科学的なサイト(ダイエットのクチコミサイトではなく)で調べてみれば、そのダイエット理論の「なに」「どこ」にポイントがあるのかがわかるはずです。
劇的な効果や手放しで絶賛のクチコミに踊らされず、冷静にそのダイエットを評価して、自分の生活にどのように取り入れるのがベストなのかを考えて、健康と経済的に負担がかからない範囲で試してみるのが、
賢いダイエッターです。オーバーナイトダイエットの場合は「1週間で4kg」というおおげさな効果を期待するのはやめ、週1のソフトなファスティングと高タンパク食の積極的な摂取し、1日8時間の質の良い睡眠というポイントをおさえて、体調・体型・体重にどんな変化が現れるか楽しんでみましょう♡

オーバーナイトダイエット実践方法‼︎ 〜スムージーの作り方〜

ピックアップ記事

  1. 今年のバッグの流行とは? 去年とどこが違う?今年のバッグは、種類やデザインに富んだ、こだわり…
  2. デート
    付き合う前のデートを成功に導くには!?好きな人との距離が縮まるデートの秘訣や、選ぶべき場所や回数など…
  3. 日焼け止め
    2017年 最新日焼け止めランキングTop10をご紹介します‼︎今年人気の日焼け止めとは?「人気…
PAGE TOP