日焼け止め

2017年 人気日焼け止めランキング TOP10‼︎

2017年 最新日焼け止めランキングTop10をご紹介します‼︎今年人気の日焼け止めとは?
「人気商品から自分にあったものを見つけたい!」 「絶対日焼けしたくない」
世の中には数多くの人気ランキングがありますが、「結局どれを選べば良いのだろう?」と悩んでしまう方も多いと思います。
このページでは、日焼け止めの基本知識を元に【日焼け止めのタイプ】【お肌のタイプ】【目的】【日焼け止めの特徴】等、
日焼け選びに迷ったときのヒントを幅広く多数ご紹介します。

日焼け止め人気の日焼け止めをチェックするにあたって、このページで紹介する人気ランキングは、アマゾンや楽天、価格.comなどの大手通販サイトや化粧品販売サイトの人気をチェックしたものです。それでは、2017年の人気日焼け止めTOP10をご紹介します。


人気日焼け止めランキングTOP10!

  1. パーフェクトUVサンスクリーンA+N(ANESSA)
  2. プロテクトウォータージェル(NIVEA SUN)
  3. エクストラUVジェル(ALLIE)
  4. スーパーサンシールドEX(ACSEINE)
  5. さらさらUV アクアリッチウォータリージェル(Biore)
  6. ウルトラUV パーフェクトジェル(KOSE)
  7. サンカットQ10 EX(DHC)
  8. キュレル UVローション(kao)
  9. サンシェルター マルチ プロテクション(cosme decorte)
  10. ホワイト CCクリーム(雪肌精)



それではTOP10をそれぞれ1つずつ解説していきます。

第1位:パーフェクトUVサンスクリーンA+N (ANESSA)

日焼け止め

出典:amazon

SPF 50+ PA ++++
落とし方 石けん 耐水性 YES
顔・体用 両方OK 赤ちゃん NO
『パーフェクトUVサンスクリーンA+N』はあらゆるランキングで1位に入っており、人気1位というのは疑いようがありません。
80分以上の耐水テストを通ったスーパーウォータープルーフタイプで、さらに、汗や水に触れると日焼け止めの効果がパワーアップするアクアブースターという機能があり、夏場のレジャーにぴったりです。また、バラ果実エキス、ヒアルロン酸、グリセリンなど、美容保湿成分も配合されており、1位にふさわしいといえるでしょう。


第2位:プロテクトウォータージェル(NIVEA SUN)

出典:amazon

SPF 50+ PA ++++
落とし方 石けん 耐水性 YES
顔・体用 両方OK 赤ちゃん NO
『プロテクトウォータージェル』は大容量で低価格なので、コスパが良いので中学生や高校生など学生の方に向いていると思います。
それに、ジェルタイプでサラサラな付け心地なので、男性やお子様にも好かれる日焼け止めです。
また、肌荒れ防止成分(ヒメフロウエキス・PG)や保湿成分(ヒアルロン酸)が配合されており、乾燥肌の方も安心して使うことができます。


第3位:エクストラUVジェル(ALLIE)

日焼け止め

出典:amazon

SPF 50+ PA ++++
落とし方 石けん 耐水性 YES
顔・体用 両方OK 赤ちゃん NO
『エクストラUVジェル』は、無香料、無添加の肌に優しいジェルタイプの日焼け止めです。
肌への密着を強めるスキンフィット技術、さらにウォータープルーフになっており、汗にも水にも強くなっており、アネッサと同等の性能が期待できます。肌への密着が強いため、化粧くずれを防ぐだけでなく、ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、ハトムギ種子エキスなど、美肌保湿成分にも優れていて女性にもおすすめです。エクストラUVジェルは、カネボウアリーの日焼け止めです。絶対に焼かない人のため」というキャッチフレーズで、過去17年で300万本も販売された実績の素晴らしい日焼け止めです。


第4位:スーパーサンシールドEX(ACSEINE)

日焼け止め

出典:amazon

SPF 50+ PA ++++
落とし方 石けん 耐水性 YES
顔・体用 両方OK 赤ちゃん NO
『スーパーサンシールドEX』は、無香料、ノンケミカル、さらにアルコール(エラノール)フリーでとても肌に優しい日焼け止めです。
ニキビなどの肌トラブルが起きないてかどうかを試すノンコメドジェニックテストで、肌トラブルの可能性は少ないことを立証しています。
バルーンパウダーと光彩パールがくすみのない美しい肌色を演出してくれるので、肌の弱い女性にピッタリの一品です。
アクセーヌは低刺激性・無香料の化粧品を販売している会社です。大手通販サイトでも1位になったこともあり、多くの愛好者がいます。肌の弱い方は、是非チェックしてみてくださいね。


第5位:さらさらUV アクアリッチウォータリージェル(Biore)

日焼け止め

出典:amazon

SPF 50+ PA ++++
落とし方 石けん 耐水性 YES
顔・体用 両方OK 赤ちゃん NO
『さらさらUV アクアリッチウォータリージェル』は名前の通り、水のようにサラサラとした使い心地で軽い日焼け止めです。ヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキス、シトラス配合で肌の保湿もバッチリです。化粧下地としても使えるので、女性にも人気がある一品です。ビオレはドラッグストアやドンキでも販売されていますが、アマゾンの方が安い場合が多いです。ビオレは花王のブランドなので、花王が好きな方はおすすめです。


 

第6位:ウルトラUV パーフェクトジェル(KOSE)

日焼け止め

出典:amazon

SPF 50+ PA ++++
落とし方 石けん 耐水性 YES
顔・体用 両方OK 赤ちゃん NO
『ウルトラUV パーフェクトジェル』は、大容量でお買い得の日焼け止めです。ジェルタイプでベタつきや白浮きもなく、化粧下地にも使えますし、また石けんで落とすことができるので、女子高生や女子大生向きのプチプラ日焼け止めと言えるでしょう。さらに、ウォータープルーフ仕様で、保湿成分であるヒアルロン酸GLが配合されているので、夏のレジャーに特におすすめです。DHCは御存知の通り、サプリやダイエット用品も扱っているので、合わせてチェックすると良いでしょう。


第7位:サンカットQ10 EX(DHC)

日焼け止め

出典:amazon

SPF 50+ PA ++++
落とし方 石けん 耐水性 YES
顔・体用 両方OK 赤ちゃん NO
『サンカットQ10 EX』は、スーパーウォータープルーフタイプの日焼け止めで、レジャーやスポーツの時に使いたい方に向いています。コエンザイムQ10、オリーブバージンオイル、ヒアルロン酸、黄金海草エキス(ラミナリアオクロロイカエキス)など、多彩な美肌成分が配合されており、DHCらしさを感じる一品です。サプリ等でDHCにお世話になっている方も多いと思いますが、DHCを信頼している方に特におすすめです。DHCは御存知の通り、サプリやダイエット用品も扱っているので、合わせてチェックしてみては?


第8位:キュレル UVローション(kao)

日焼け止め

出典:amazon

SPF 50+ PA ++++
落とし方 石けん 耐水性 NO
顔・体用 顔用 赤ちゃん OK
『キュレル UVローション』は乳液タイプのローションで、医薬部外品の日焼け止めで、乾燥肌・敏感肌の方におすすめです。
無香料、無着色、アルコールフリーで、それにアレルギーテストをしているので、赤ちゃんから大人まで安心して使用できます!
また、潤い成分としてセラミド、ユーカリエキス、アスナロエキスが配合れており、毎日使うこともできる一品と言えるでしょう。
キュレルUVローションは、大手化粧品会社であるkao(花王)なので、安心して使用できます。


第9位:サンシェルター マルチ プロテクション(コスメデコルテ)

日焼け止め

出典:amazon

SPF 50+ PA ++++
落とし方 石けん 耐水性 NO
顔・体用 両方OK 赤ちゃん NO
『サンシェルター マルチ プロテクション』は、「紫外線や環境ストレスから徹底的に守る次世代型日やけ止め乳液」と紹介されていて、紫外線以外の微粒子までブロックしてくれるそうです。保湿成分も配合されていて、紫外線やエアコンなどの影響により乾燥しがちな肌に潤いを与えてくれます。乾燥肌の方にオススメ。さわやかで清々しいフレッシュハーバルグリーンフローラルの香りなので、この香りを気に入って使っている方も多いようです。コスメデコルテはコーセーのブランドですから、コーセーの日焼け止めが信頼できる以上、こちらの日焼け止めも信頼できると思います。


第10位:ホワイト CCクリーム(雪肌精)

日焼け止め

出典:amazon

SPF 50+ PA ++++
落とし方 石けん 耐水性 NO
顔・体用 両方OK 赤ちゃん NO
『ホワイト CCクリーム』は、新垣結衣さんがイメージモデルを務める雪肌精の日焼け止めです。
ハトムギ・トウキ・メロスリア・高麗人参・冬虫夏草の5つの和漢植物エキスが肌に潤いをあたえてくれます。美白と日焼け止めを両立したい方におすすめの日焼け止めクリームと言えるでしょう。クリーム以外にもパウダータイプや化粧水タイプなどいろいろあるので、自分に合ったものを見つけて選んでください。




日焼け止めの基礎知識

日焼け止めは、皮膚に当たる紫外線をブロックし皮膚のダメージや老化を予防するアイテムです。紫外線を浴び続けると、肌にはこのような影響が出てしまうので気をつけましょう。

〜紫外線の影響の例〜
◆すぐに出る影響
・皮膚が赤くなる(サンバーン)
・皮膚が黒くなる
・ヒリヒリした痛み
・水ぶくれや皮剥け

◆後から出る影響
・シワが増える
・シミ、そばかすが濃くなる
・皮膚ガンの誘発
これらを防ぐためにはUVケアがとても重要です。また、

・室内で過ごす日
・雨や曇りの日

でも、日焼け止めは使いましょう。紫外線の中には窓ガラス・長袖・雨雲を通り抜けるものがあるため、油断は禁物といえます。では、自分にぴったりの日焼け止めは実際どのようにして選べばよいのでしょうか?


日焼け止め選びのポイント

日焼け止め

日焼け止めを購入しようと思っても、種類が多すぎて何を買えばよいか悩んでしまいますよね。そこで、
【目的にあったSPF/PA値を選ぶ】【日焼け止めのタイプを選ぶ 】【敏感肌・子供は成分まで確認する】
という3つのポイントから自分にぴったりの日焼け止めを選んでいきましょう!


①目的にあったSPF/PA値を選ぶ

日焼け止め

日焼け止めは、UVカット効果の強さを「SPF」「PA」という数値で表します。これらの数値が高いほど日焼けを防ぐことができますが、そのぶん肌への負担も大きくなります。そのため使うシーンに合わせて、買い物など1時間ほどの外出→SPF10~30,レジャー・運動会など長時間や炎天下→SPF30~50
を目安に使い分けましょう。お肌の負担を増やさずしっかり日焼け対策ができますよ。

☑︎SPF/PA値とは?
・SPF…紫外線B波を受けて肌が赤くなる(サンバーン)までの時間をどれだけ引き延ばせるかの数値で、10~50+まである。
・PA…紫外線A波を受けて肌が黒くなる(即時型色素沈着)までの時間をどれだけ引き延ばせるかの数値で、+~++++まである。


②日焼け止めのタイプを選ぶ

日焼け止め

日焼け止めには大きく4種類のテクスチャーがあります。
・ジェルタイプ
・ミルク(乳液)タイプ
・クリームタイプ
・パウダータイプ

それぞれ特徴が異なるため、以下の表からぴったりのタイプを選んでみてください。

◆ジェルタイプ…よく伸びて水のような軽い付け心地。白浮きしにくい点が特徴。

<こんな方におすすめ>
・全身に使いたい
・日常的に使いたい
・付け心地を重視している

◆ミルク(乳液)タイプ…伸びが良く肌になじみやすい。ノンケミカルのものが充実しており、肌に優しい処方。

<こんな方におすすめ>
・顔用に普段使いしたい
・肌に負担をかけたくない
・乾燥肌、敏感肌

◆クリームタイプ…しっとりした仕上がりで、ウォータープルーフタイプが豊富。保湿力・防水性が高く落ちにくい。

<こんな方におすすめ>
・全身に使いたい
・海やレジャー用に使いたい
・絶対に焼きたくない

◆パウダータイプ…さらっとした使い心地で、メイクの上からも塗り直せる。石鹸で落とせるものも多い。

<こんな方におすすめ>
・顔に使いたい
・肌を綺麗に見せたい
・こまめに塗り直したい
・敏感肌など刺激に弱い方
「日焼け止めにメイクを重ねると崩れる…」という方は、UVカット機能のあるコスメを使ってみるのもおすすめ。


③敏感肌・子供は成分まで確認する

日焼け止め
特にお肌がデリケートなお子さんや敏感肌さんは、なるべく刺激にならない日焼け止めを選びたいところです。紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)
無香料、無着色・パラベンフリー…といった表記があると、肌の負担になりにくいアイテムですよ。

☑︎紫外線吸収剤と紫外線散乱剤
・紫外線吸収剤…紫外線を吸収し外に放出させて日焼けを防ぐ、石油由来の化学成分。市販の日焼け止めの多くに配合される。
・紫外線散乱剤…紫外線を反射させて日焼けを防ぐ、金属由来の成分。 紫外線吸収剤よりも肌に優しい処方。

◆日焼け止めの選び方まとめ
ぴったりの日焼け止めは、以下の3つのポイントで選びましょう。

①シーンに合ったSPF/PA値を選ぶ…日常はSPF10~30、レジャーはSPF30~50
②日焼け止めのタイプを選ぶ…4つのタイプから用途に合わせて
③敏感肌・子供は成分まで確認する…特に敏感肌やお子さんは表記に注目


飲む日焼け止め

日焼け止め

日焼け止めは、塗るだけでなくサプリメントで「飲む」ことで内側からの紫外線対策をすることもできます。肌に塗る「外側」のUVケアだけでなく、飲む日焼け止めを使った体の内側からの紫外線ケアもしてみましょう。


◆サンタンブロック

夏に限らず露出の多い方、外出の多い方は美容のトラブルに悩まされるという事が以前から言われています。 外出時に入念なお手入れをする事は、今や常識となりつつありますが、1日中体を守ってくれるわけではありません。特に外からのお手入れは、一日中定期的にくり返さなければならないので面倒です。その様なお悩みを解決するのが【サンタンブロック】です、カラダの内側からガードする【サンタンブロック】は医師の監修のもと、ニュートリコスメティクスの理論に基づいたサプリメントです。

※ニュートリコスメティクスとは、美容目的に、食品、飲料など口から摂取する健康補助製品を意味します。
出典元:Tranfparancy Market Research*「Nutricosmetics Market ? Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends and Forecast 2014 ? 2020」




◆ASTRIUM
astrium
アストリウムを構成する5つの美活成分 (1)富士フイルム 『ナノアスタキサンチン』 独自に開発したナノアスタキサンチンは、従来のアスタキサンチンの9倍もの浸透性、吸収力を誇ります。 (2)ブルディーテクノロジー 『アルガトリウム』 ハイパーDHA(活性型)は、活性酸素から美の源を保護し体内の美活作用を300%も増加させる働きがあります。 (3)真珠末 つるつる、サラサラ綺麗に必要なNMF(天然保湿因子)の働きを助け潤い(水分保持)を保ちます。 (4)シルクペプチド 水分蒸散量の減少(保湿性)やハリのある弾力性回復改善効果が期待出来ます。 (5)ブラジル酵素 82種類からなる植物発酵熟成酵素は腸活からくる白のキレイには欠かせない魔法の酵素です。
FUJIFILM製ナノアスタキサンチンを高濃度配合


まとめ

気になる日焼け止めはありましたか? 日焼け選びに迷ったら以下を参考に自分にあったものを選びましょう。

①目的にあったSPF/PA値を選ぶ
②日焼け止めのタイプを選ぶ
③敏感肌・子供は成分まで確認する

きちんとUVケアを行い、透き通った白い肌を目指しましょう!

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。

ピックアップ記事

  1. 今年のバッグの流行とは? 去年とどこが違う?今年のバッグは、種類やデザインに富んだ、こだわり…
  2. デート
    付き合う前のデートを成功に導くには!?好きな人との距離が縮まるデートの秘訣や、選ぶべき場所や回数など…
  3. 日焼け止め
    2017年 最新日焼け止めランキングTop10をご紹介します‼︎今年人気の日焼け止めとは?「人気…
PAGE TOP