デート

付き合う前のデートを成功させるには!

付き合う前のデートを成功に導くには!?好きな人との距離が縮まるデートの秘訣や、選ぶべき場所や回数など具体的な極意をご紹介します♪
10代、20代、30代の学生から社会人まで必見です。
「デート」は付き合ってからのものだけを指すのではありません。付き合っていなくても「男女がお互いを意識しながら二人だけで会う」ならデートと呼んでもいいでしょう。そんな付き合う前のデートは、付き合った後からのデートとはちょっと違うものです。付き合う前のデートとは、いったいどういったものなのでしょうか。

デート


付き合ってないときのデート♡
デート

付き合っていないときのデートとは、いわば男女がお互いを知るためのデート。「この人はどんな人なのか」「付き合ったらどんな感じになるかな?」と、デートを通して相手を知り、お互いの仲を深めていくのです。付き合っていないからこそ、今後の二人の関係を期待してドキドキしたり、ときめくもの。付き合っていないときのデートだからこキュンキュンしたり、楽しいものでもあります。


付き合う前のデートって?

付き合う前のデートは、お互いの距離がそこまで近くないのでまだまだ親密になれていない時です。付き合ってからのデートと同じ要領でやってしまうと、大失敗なんてことも…。付き合う前のデートって、いったいどうすればいいの?


“自然”な口実を作ってデートに誘う

付き合う前のデートとなれば、誘い方にも一工夫が必要です。付き合ってからのデートなら口実がなくても当たり前に誘えますが、付き合う前のデートは口実がないと誘いにくいものです。相手の男性も、口実があれば気軽に誘いやすいはずです。口実は「一人では行き難い飲食店へ行きたい」「ペア券があるけれど一緒に行く人がいない」など簡単なものでOKです。大事なのは自然な口実である事です。不自然だと相手に警戒心を与えてしまうので、あくまでも自然な口実にしましょう。


デート時間は数時間のみにする

初めてのデートは自分が思っている以上に疲れてしまうもの。どれだけ楽しいデートだったとしても、数時間で切り上げるようにしましょう!寂しいかもしれませんが、丸一日かけるようなデートをすると相手の男性がいくら優しくても疲れてしまいます。万が一「あの子とデートすると疲れるなぁ…きっと相性が悪いんだ」なんて思われてしまったら大変です。最初の頃は「まだ一緒にいたい」という段階で終わらせるほうが得策です。


デート場所は話題に困らないところを選ぶ

付き合う前のデートとなれば、場所選びはとても大切。特に慣れない相手や共通の話題が少ない男性なら、話題を探すだけでも一苦労ですよね。ですので、デート場所は話題に困らないところがお互い良いですね。映画や音楽フェスなら、ある一定時間会話をしなくてもいいタイミングが発生しますし、映画の感想や音楽の話をすれば話すのが得意じゃない人でも間が持ちます。映画の後や音楽フェスではお互いのテンションも高まりやすいでしょうから、きっと盛り上がりやすいはずですよ♪


ドライブデートは避ける

デートの定番といえばドライブデートですが、付き合う前のデートでは避けるべきデートプランのナンバーワンなんです。ドライブデートは車内という二人きりの空間のため、まず話題に困ります。また、もしも男性が悪い男だった場合は、そのままお持ち帰りされる可能性も…。車でないと移動できない場所へ連れて行かれて「帰らせてほしければヤらせてよ」なんて言われたら最悪です。次回の楽しいデートの為にも、そして身の安全のためにも、ドライブデートは避けましょう。


遊園地デートは避ける

こちらもデートの定番だと言われている遊園地。定番と言えば定番ではあるのですが、それはあくまで付き合ってからの話です。遊園地は長時間一緒になるうえに、混雑や大行列でイライラしたり…なんてことも。恋人同士ならそんな状況でもなんとか楽しめるかもしれませんが、付き合う前だとお互いに遠慮もあり、行列待ちでの話題作りや気疲れで疲れ果ててしまいます。遊園地は楽しいものですが、二人の機嫌を悪くする可能性も大いにある場所だということも忘れないでくださいね。


ゆっくり会話できる場所を選ぶ

付き合う前のデートはお互いを知るための期間です。デートではゆっくり会話できる場所を選びましょう。静かで落ち着いた雰囲気のカフェやジャズやクラシックなど静かで軽快な音楽がなっているお店がいいですね。食事も同様に落ち着いた雰囲気のところがいいです。ガヤガヤしたファストフード店やファミレス、若者が行きそうな居酒屋などはNGです。騒がしい場所だと気持ちも落ち着きませんし、何よりもお互いの会話が聞き取りづらくなります。ですのでなるべくお互い落ち着く環境が整った場所を選びましょう。


デートプランは男性に任せる

付き合い始めたらデートプランはお互いに意見を出し合っていいと思います。しかし、付き合う前は基本的に男性にリードさせてあげるほうがいいでしょう。たとえデートに誘ったのはあなたからだとしても、リードは男性に任せてみて♡ 丸投げはいけませんが、ある程度の要望を伝えれば張り切ってデートプランを考えてくれると思います。あなたは男性のデートプランを楽しむだけでOK。男性が女性にリードしてもらいたいというタイプでない限りは、男性に任せてしまいましょう。


デート前日は早く寝る

付き合う前のデートは1回1回が勝負です。前日に夜更かししてお肌のコンディションが悪くなったり、目の下にクマができていたりしたら大変ですよね。飲み会に参加したせいで顔がむくんでいる、という事態も避けたいところ。デートの前日はできるだけ早めに眠り、体調を整えておいてください。睡眠不足は当日のデートの楽しさを奪ってしまいます。スッキリしない頭だと、せっかくの男性のアプローチに気づけなくなってしまうかもしれませんのでしっかり前日は寝ましょう。


デート前日はLINE・メールを送る

「デートの予定が決まれば、あとは当日に頑張るだけ♪」というわけではありません。付き合う前のデートでは、デート前日にもう一手間が必要です。それは「明日は楽しみにしているね!」というLINEやメールをひとこと送ること。ひとことメッセージを送ることで、相手の男性は「楽しみにしてくれているんだ!」と、テンションを上げてくれます。メッセージがあるのとないのとでは気持ちがぜんぜん違いますから、ぜひ送りましょう。


デートの間隔は2週間に1回程度

付き合う前のデートの間隔ってよくわからないですよね。基本は2週間に1回程度がベストです! 毎週会うとなれば付き合っている人たちと同じペースとなります。だから付き合う前はもう少し控えたいところ。そのほうが「しばらくぶりに会えたからドキドキする!」という効果を狙えます。たまにしか会えないからこそ貴重であり、もっと会いたいと思わせられるのです。3週間に1回くらいのペースになると、今度は「それほど俺に興味ないのかも」と思われてしまうため、2週間に1回を目安にしたいですね。


毎日顔を合わす仲なら週1回でもOK

付き合う前のデートでは、顔を合わせる頻度も大切。デートの感覚は2週間に1回がベストとはいいましたが、もしも毎日顔を合わす仲なら週1回でもOKです。なぜなら毎日顔を合わせている分、久しぶりに会えたという喜びを与えられないからです。それならデートをする回数を増やして、お互いをより深く知るようにしていきましょう。


告白までのデート回数は3~5回

付き合う前のデートでは、デートを重ねていけばそのうち告白をすると思います。告白までにデートの回数はどのくらいがいいのか悩むと人も多いのではないでしょうか。だいたいは3回~5回がいいでしょう。デートの回数が少なければまだお互いのことをわかっていないため、男性から「もしかして誰でもいいのかも?」と思われることも。かと言って6回以上のデートとなれば、マンネリ化も招きそう。お互いの距離がほどよく近づき、ときめいている間に告白をすると良いかもしれません。


初デートで手をつなぐのはNG

付き合う前のデートでは、手をつなぐべきかどうかという問題もあります。特に初デートで手をつなぐかどうかは需要な問題です。初デートはまだまだ様子見の段階であるため、いきなり手をつなぐと「軽い女かも?」と疑われる可能性があるでしょう。硬派な男性だった場合は大変です。手をつなぐのはかなり親しくなってからのほうがいいですね。ただし、男性からつないできたときは素直につないでおきましょう。ここで手をはなしてしまうと、男性の好意を拒否したことになってしまいます。それでも抵抗がある方は「最初だから緊張してて…」などやんわり断りましょう。


デート終わりには次に繋げる言葉を言う

デートの最後には、次のデートに繋げる言葉を言っておきましょう。たとえば「今日は楽しかった! また会いたいな」とか「次はあなたの行きたがっていた○○へ行かない?」など。別れ際に次の日程を決めてしまうのもいいですね。次に繋げるものがないと、改めてお誘いしなければならなくなります。それを面倒だと感じて疎遠になってしまう男性もいるので、早めに手を打っておくのがベストです♪ 男性からも誘いやすくなるのでオススメです。


デート中は楽しそうにする

デート中のあなたの反応を、男性はしっかり見ているはずです。楽しそうにしていればそれだけ男性も喜ぶもの。「この女性となら付き合っても楽しくやっていけそう!」と思ってもらうためにも、デート中はとにかく笑顔で楽しんでくださいね。間違ってもつまらなさそうな態度はとらないように。そんなことをすれば、二度とチャンスが巡ってこないかもしれません…。


デート中は思わせぶりな態度をとる

狙っている男性には「この子、俺のことが好きなのかも♡」と思わせる必要があります。好意が伝われば男性も積極的にアピールをしてくれるでしょう。人は誰でも傷つくのが嫌なものなので、脈がないと思えば積極的に動けないものです。だからこそ、男性から積極的に動いてもらうためにも思わせぶりな態度をとる事も時には必要なのです。「○○くんといると楽しい!」「○○さんの彼女になったら幸せだろうな」などと言って期待させたいですね。自分と一緒にいて喜んでる姿をみると、どんな男性でも嬉しいものです。


身持ちは固くしておく

身持ちを固くしておかないと「誰とでもすぐに遊ぶ女性」なんていうひどい勘違いを招いてしまいます。さらに運が悪いと、恋人ではなく身体の関係だけの女性として扱われることも…。きちんとした恋人関係を望むのなら、身持ちを固くしておいて「遊ばない女性」という印象を最初にしっかり与えておきたいですね。そのためにも、ホテル街へは近づかない、過剰な下ネタは発しない、いろいろな男性と会わない、あるいは会っていてもそのことを悟られないようにしておきましょう。何事も最初の印象はとても重要です。


告白しやすい雰囲気を作る

男性に告白してもらうためにも、告白しやすい雰囲気を作っておく必要があります。ガヤガヤしているところでは告白しにくいですよね。人が多いところや、あなたがテンション高く何かを話しているときも告白しにくいもの。告白してもらうためには、静かな場所や落ち着いた場所、恋人同士が集まるムードたっぷりな場所へ行きましょう。そして「あなたが好き!」という思わせぶりな態度をとり、男性に「告白したら成功する!」と思わせることも大切です♪


告白してくれそうなら待つ

付き合う前のデートでの最終段階、告白。告白しやすい雰囲気を作った後、男性が告白してくれそうな感じならしばらく待ってみましょう。その場では告白してくれなくても、次のデートで告白してくれるかもしれません。あるいはLINEやメールでの告白かも♡ 告白してくれそうということは、男性は自分から告白したいタイプと言えます。そこであえて自分から告白をしてしまうと男性のプライドに傷をつけてしまう可能性があるので、告白してくれるまではグッと我慢する姿勢でいたいですね。


告白がなさそうなら自分から告白する

男性が草食系の場合、男性から告白してくれなさそうというパターンもあるでしょう。男性から好意をもたれている感触はあるものの、告白をしてくれなさそう…という人いませんか? そんな時は勇気を出して自分から告白してみましょう。肉食系女子が好きな男性ならきっとメロメロになってくれますよ。自分から告白するのはとても恥ずかしいかもしれませんが、素敵なお付き合いをしたいなら、あなたにもそれくらいの勇気はだしてほしいものです。頑張って告白しようとする姿は相手にも伝わります。


付き合う前のデートを楽しもう♡

デート

付き合ってからのデートは「この人は自分のもの♡」という心の余裕がでます。でも、付き合う前のデートはまだ自分のものではない状態。もしかしたら別の女性と付き合うかもしれませんよね。そのなんとも言えないスリルが、付き合う前のデートの醍醐味です。付き合う前のデートを、ぜひ楽しんでくださいね。


 

ピックアップ記事

  1. 今年のバッグの流行とは? 去年とどこが違う?今年のバッグは、種類やデザインに富んだ、こだわり…
  2. デート
    付き合う前のデートを成功に導くには!?好きな人との距離が縮まるデートの秘訣や、選ぶべき場所や回数など…
  3. 日焼け止め
    2017年 最新日焼け止めランキングTop10をご紹介します‼︎今年人気の日焼け止めとは?「人気…
PAGE TOP